• 埼玉の梅雨にも強くなるエコカラットの魅力

    日本は梅雨になると雨の日が増えるだけでなく、湿度が高くなる事によってカビの胞子が発生しやすくなる事にも注意が必要です。

    雨の日には洗濯物を部屋干ししている埼玉の家庭は、その洗濯物の水分がカビの胞子を増やす原因になるので気を付けてください。



    そんな梅雨に起きやすい問題を解決するために活用されているのが、エコカラットという壁タイルの素材で、部屋の湿気を吸い込む機能に期待が持たれています。
    壁を張り替えるだけで湿度を10%以上も下げられたという人も多く、壁自体が湿気を吸い込んでくれる、その機能の優秀さは日本全国に広まるようになりました。

    梅雨になると湿度が上がりやすい埼玉の住宅は、エコカラットとの相性も良いですから、壁を張り替えるべきか悩んでいる人も大勢おられます。部屋干しをするためにサンルームを設置している家庭は、そのサンルームの周囲の壁だけでもエコカラットに張り替えてみてください。

    いくらサンルームが部屋干しに適しているといっても、部屋で洗濯物を乾かしていると湿度が上がる原因になってしまいます。


    しかしサンルームの周囲の壁をエコカラットにしておけば、部屋干しで発生した湿気を壁が吸い取ってくれて、洗濯物にも雑菌が発生しにくくなります。



    雑菌による臭いが気になってしまい、洗濯物を再び洗う羽目になりかねないからこそ、部屋干しをする際の湿気対策は重要だと考えてください。



    埼玉では梅雨が明けた夏場も湿度が向上しやすいですから、湿気を吸収する効果は夏場にも活躍してくれます。